株式投資.jpeg

7/23(木)20時〜

株式投資の基本の基本


zoomセミナー

40万部ベストセラー会計士が教える

株式投資で騙されないための心得と

伸びる会社の見分け方

お金の奴隷になるのではなく

お金に働いてもらおう

「つまりな、さっきも言うたけど、お金は活かすものなんや。お金はうまく活かせばいくらでも新たな価値を生み出し、新たなお金を生み出すものなのに、そのお金の活かし方をわかっとらん奴が多い。世の中の常識を鵜呑みにしたり、人の評価を気にしたりして、本当に自分を幸せにするわけではないものや、お金を生み出さないものに、お金を浪費してしまうんや」

「お金を活かすと、新たなお金を生み出せるんですか?」

「そうや。お金に働いてもらうっちゅうことやな

 

 お金に働いてもらう。そんな発想はしたことがなかった。

 

「どうしたらお金に働いてもらえるんでしょうか?」

「いろいろあるけどな、株式投資なんかも1つの方法やで」

「株ですか。うーん、やっぱり株ってギャンブルみたいなものだと思うんですよね。ちょっとリスクが大きいというか」

「おまえ、投資と投機 を勘違いしとるな

 

 投資と投機? なにが違うのだろうか?

 

「投資は、将来有望な投資先に長期的にお金を投下することや。これに対して、投機は、短期的な価格変動にかけてお金を投下すること、要はギャンブルやな。長期保有であれば、毎日の株価変動なんて気にすることはあらへん。株価の変動で勝った負けたなんて言うとるのは、本当の意味では株式投資とは言えんのや

「そうだったのですね。株式投資をしたら、ずっと株価に一喜一憂し続けるのかとと思っていました」

株式投資はギャンブルやない。応援したい会社の株価が本来の価値よりも安くなっているときに買って、会社が成長していくのを気長に待っとけば、黙っとったって儲かる。ウォーレン・バフェット君なんて超長期投資や。一度買った株は何十年と持ち続けるんやで。バフェット君のことは知っとるか?」

「はい、名前は聞いたことがあります」

「彼に投資を教えたのもワシや。素直で真面目な奴やったからどんどん成功していったな。でも贅沢はせず質素な生活を続けている。賢いやつや」

 

 そ、そうなのか。パチョーリはいったい何者なのか? でも僕もパチョーリの言うことを実践すれば、一流の投資家になれるかもしれない。

 

デイトレードで稼いどる奴もおるけど、あれこそギャンブルや。借金して信用取引して短期の売買で儲けようとするから、投機になって大損を被るんや。株式投資するには、会社を見る目、事業を見る目、時代を見る目が必要なんやからな。自分が取れるリスクの範囲で株式投資するのは、めっちゃ勉強になるからオススメやで」

「自分で選ぶことが大切なんですね」

「せや。正直言うて、金融機関の営業マンは自社に都合のいい商品を勧めるからな。投資はすべて自己責任や。もちろん人生もすべて自己責任やな。人のせいにしている限り成功はできんし幸せにもなれん。自分で調べ、自分の頭で考えることが大切なんや」

 

 パチョーリの言うことは、会計にとどまらず人生にも当てはまる。だからこそ会計リテラシーが人生に役立つのだろう。

 

「わかりました。僕も自分で投資先を選んで応援したい会社に投資してみます。でも結構難しそうですよね」

「初めのうちは積立投資でもええで。毎月決まった日に日経平均等に連動する投資信託を購入していく、ドル・コスト平均法ってやつや。毎月1万円積立投資するだけでも、経済の動向に敏感になるやろ」

「わかりました。早速月1万円から投資してみます」

「そのためにも、いまは赤字なんやから、無駄な支出を見直して投資資金を捻出する必要があるな。収入の10%は預金して、さらに月1万円を積立投資するとええ。そんで、預金が収入の2〜3か月貯まったら、いままで預金に回してたお金を積立投資や他の投資に回すんや

「なるほど。そうすれば預金も積立投資も確実に増えていきますね」

「積立投資するなら、手数料が安いところを選んだほうがええ。有名な大手よりも、ネット証券がオススメや。これも先延ばしせんと、いまネットで口座開設するとええで」

 

 僕は早速スマホで検索し、手数料が安くて使い勝手がよさそうなネット証券を選んで口座開設を申し込んだ。まずは堅実な投資からスタートするぞ。

 

投資するなら毎月分配型じゃなくて、再投資型にせえや。まだ若いんやし、複利 のパワーを最大限に活かしたほうがええ

「複利のパワー? 複利ってなんでしょうか?」

「おまえな、絶対大学で習っとるはずやで。複利はもう魔法やぞ。世界の富裕層は複利の魔法を使ってお金を増やしとるんや。複利を知らんと投資なんてできへんで」

 

 うーん、聞いた覚えはあるけど、どんな意味だっただろうか。複利は魔法ってそんなにすごいものなのか?

 

「複利っちゅうのは、投資で得られた利益も元本に含めてそのまま運用する方法や。再投資型が複利やな。それに対して単利っちゅうのは、投資で得られた利益は引き出して、元本だけを運用する方法やな。日本人は、単利の毎月分配型を好む人間が少なくない。毎月少しでも配当があったほうがうれしいんやな」

「僕も、もらえるなら毎月配当があったほうがうれしいです」

 

 パチョーリは大きくため息をついた。

 

「まあその気持ちはわかるけどな、投資の妙味は複利やで。長期で見たら、もう圧倒的に結果が違うからな

「そんなに違うんですか?」

「じゃあ仮に、100万円投資して、年利10%で運用すると仮定してみようか」

 

 パチョーリは電卓を片手にノートに数字を書き始めた。

 

「単利の場合は、1年めは110万円。2年めも元本は100万円のままやから利息は変わらず10万円で、1年めと合わせると120万円。3年めも元本は100万円やから合わせると130万円、というように10万円ずつ増えていくな」

「そうですね。利回り10%ならそうなりますね」

「ところがや。複利の場合は、1年めは110万円で変わらんけど、2年めの元本は110万円に増えとるから利息は11万円で、1年目と合わせると121万円になる。3年めは元本は121万円やから、利息は12.1万円で、合わせると133・1万円になるんや」

 

「たしかに複利のほうが多いですけど、130万円と133・1万円では、そんなにたいした差ではないですね。これのどこが魔法なんですか?」

「そう思うやろ。複利のすごさは、投資期間が長くなるほど歴然とするんや。細かい計算は省くけどな、10年後には、単利では200万円、複利では約259万円。20年後には、単利では300万円、複利では約673万円、30年後には、単利では400万円、複利ではなんと約1745万円 になるんやで」

 

「1745万円!? 4倍以上も違いますね。これはすごい」

 

 僕はあまりの差に衝撃を受けた。これなら絶対に複利で運用したほうがいい。

 

複利については、石油王のロックフェラー 君が、『世界七大不思議に次ぐ八番目の不思議だ』とまで言うとるんやで

「も、もしかして、ロックフェラーもパチョーリさんが教えたんですか?」

「複利について教えたのはワシや。せやけどあいつは軍事産業にも手を出しよったからな。ビジネスのやり方も強引で、ちょっと稼ぎ過ぎたから、敵も多かった。晩年は慈善事業に精を出しとったけど、彼の人生はまあ評価はわかれるわな」

 

 パチョーリは悲しそうに言った。稼いだお金を軍事産業に使われたのが悲しかったのだろう。

 

「複利のすごさはわかりました。いまはお金に余裕がないですが、少しずつでも投資していきます」

「それがええ。個人型確定拠出年金(iDeCo)も、複利で税制上のメリットも大きく、少額から進められるからオススメや。とにかく、自分で稼いだお金を預貯金で眠らせるのも贅沢に使うのも自由やけど、そのお金を複利で運用していれば得られたはずの利益をみすみす失っているっちゅうことは自覚したほうがええな」

『会計の神さまが教えてくれたお金のルール』(天野敦之著 日本実業出版社刊)より

このセミナーを受講する前に、株式投資をスタートしないでください!

株式投資について、こんな勘違いをしていませんか?

  • 株式投資はギャンブルのようなもので、リスクが大きいから素人は手を出してはいけない。

  • 株式投資についてはよく分からないから、金融機関の窓口の人が勧めるものを買っておけば安心だ。

  • まずは金融機関が主催している無料の投資セミナーで勉強してみよう。

  • 株式投資すると、日々の株価変動に一喜一憂する生活になるから、ストレスが大きい。

  • 株式投資するにはチャート分析を学ばなければいけない。

銀行に100万円預けても、一年後の利息は100円未満、ATMを一度使えばパーという時代、お金に働いてもらい、お金がお金を生み出す株式投資は、避けて通れない不可欠の資産形成手段です。

 

しかし金融機関が主催する投資セミナーに参加したり、金融機関の窓口に相談するのは得策ではありません。なぜなら彼らはお金のプロではなく、手数料を稼ぐプロだからです。

また、株式投資をギャンブルと勘違いしている方も少なくありませんが、投資と投機は違います。正しい投資戦略を採用すれば、短期の株価変動に一喜一憂する必要はなく、チャート分析をする必要もありません。

必要なのは、会社の実態を表す決算書を正しく理解し、会社の将来性を見極めた上で、長期投資することです。

 

決算書というと難しく感じるかもしれませんが、本セミナーでは、見るべきポイントを分かりやすくご説明します。

また、拙著『会計の神さまが教えてくれたお金のルール』では書けなかった、僕自身の経験に基づく証券会社の裏話や、どのネット証券を選ぶべきか、どの金融商品に投資すべきか、についてもお伝えします。

このセミナーに参加することで、あなたは金融機関の営業トークに騙されることなく、正しくお金を増やすことができるようになるでしょう。

セミナー内容

一橋大学在学中に公認会計士二次試験に一発合格。世界で一番売れている会計入門書、37万部ベストセラー『会計のことが面白いほどわかる本』を25歳で出版。

ヨガでスピリチュアルに目覚め、目に見えるものと目に見えないものを統合して、数々の企業の業績改善を実現。

本質を分かりやすく伝える講演やセミナーには定評がある。

最新刊『会計の神さまが教えてくれたお金のルール』をはじめ著書は16冊、累計40万部超。

詳しいプロフィールはこちら

​赤裸々のライフストーリーはこちら

世界で一番売れている会計入門書著者

アクセンチュア⇨野村證券⇨起業

ビジネスとスピリチュアルを統合した

40万部ベストセラー会計士

講師

天 野 敦 之

01

今更聞けない

株式投資の基本の基本

そもそも投資って?

株価はどう決まるの?

​投資って危なくない?

02

決算書分析と

IR資料の読み方

そもそも決算書って?

決算書分析の基本

IR資料から何を読み取るか

03

具体的な会社で

ケーススタディ

受講者のリクエストで

特定の会社を選び

​実際に分析します

セミナー参加者の声

本当に分かりやすかったです。
​これまでにも投資セミナーを受けたことはありましたが、こんなにも分かりやすく本質を理解できる投資セミナーはないと思います。

阿部 真さま 東京

主な書籍

会計基本カラー.jpg
会計理解カラー.jpg
お金と経済mini.jpg
会計の神さま表紙.png

主な講演実績

三菱UFJ信託銀行株式会社  三菱UFJニコス株式会社  株式会社東芝  東京ガス株式会社  日本航空株式会社  株式会社IHI  アクセンチュア株式会社  株式会社東和銀行  城南信用金庫  花巻信用金庫  鎌倉投信株式会社  株式会社オービック  株式会社内田洋行  キューサイ株式会社  株式会社ホットランド(銀だこ)  高崎弁当株式会社  株式会社コミット  株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング  株式会社ジョブウェブ  ワールドシフト・ネットワーク  文部科学省・大丸有エリアマネジメント協会  ISL 社会イノベーションセンター  世田谷ものづくり学校  ヒューマンライツ・ナウ  日本公認会計士協会  日本FP協会  女性フィナンシャルプランナーの会  東京中小企業家同友会  中小企業家同友会豊島支部  中小企業家同友会御殿場支部  茨城県商工会青年部連合会  佐野青年会議所  目黒区倫理法人会  石巻市倫理法人会  横浜スタンダード協議会  明治大学  嘉悦大学  立教ビジネスクリエーター塾  洗足学園  など

本セミナーは

 

​宇宙とつながるお金の学校

オンラインサロン

のイベントです。

オンラインサロンメンバーになると

本セミナーだけでなく

幸せなお金との付き合い方

zoomセミナー

意識の覚醒と瞑想

zoomセミナー

事業創造と自然体集客

zoomセミナー

オンライングループコンサルティング

 

に全て無料でご参加いただけます。

オンライン飲み会やリアル飲み会

など各種イベントも開催しています。

オンラインサロンについて

詳しくはこちら

zoomセミナー受講をご希望の方は

こちらからお申し込くださいませ!

オンラインサロン入会すると

無料でご参加いただけます!

​(オンラインサロンメンバーは

申込は不要です。

当日facebookページから

ご参加ください)

© 2023 by 人を幸せにする会社総合研究所株式会社. Proudly created with Wix.co